美容外科でのエラ削り

by author



美容外科での整形には様々な種類と施術方法があり、今は技術も非常に高くなっているので、どのような悩みであっても解消する事が出来ます。

これまではどうにもならなかった骨格の悩みなども解消できるような技術が生まれています。

福岡の美容外科の珍しい情報をご紹介しています。

よくエラが張っていて悩んでいるという女性がいますが、確かにエラが張っている事によって顔が大きく見えてしまいますし、性格も強そうなイメージを与えてしまいます。

産経デジタルに関する特集の情報が満載です。

骨は身体の中で一番硬い部分であり、これを矯正するのは大変ですが、美容外科ではこういった悩みに対して「エラ削り」という方法で対処します。


方法はいくつかありますが、口の中、もしくは外側から皮膚を切開して、エラになる部分を露出させます。

ここにある骨を削っていくという方法で、施術後はシャープな小顔を実現出来ます。骨を削った後に皮膚を元の状態に被せるわけですから皮膚が余ったような状態になるのではないかと不安に思う方もいるでしょう。

しかし人間の皮膚は骨と密着しているのである程度の時間が経てばしっかりフィットして滑らかな状態に戻ります。



施術直後はこのように皮膚に違和感があるかもしれませんが、それは術後だけのトラブルなので心配する必要はありません。
また、エラは咀嚼する部分ですから、施術した日から数日は噛み合わせに違和感を感じる人もいます。
これも、咀嚼を繰り返す事でそれがリハビリになって違和感を感じなくなりますから問題ありません。

美容外科ではこれまで叶えられなかった理想を叶えてくれます。