Googlemapの表示モード

subpage01

GooglemapというのはGoogle社が提供している地図情報のサービスです。


インターネットの検索サイトのGoogleでキーワードを打ち込んで検索すると上の段にMapsという項目が表示されます。

この項目をクリックするとGooglemapが表示されます。
表示された地図の右下に+-のボタンが表示されると思います。

このボタンを押すことで縮尺を変えて表示させることが出来ます。

つまり拡大や縮小の表示が出来るわけです。

魅力的なGooglemapが最近こちらで話題になりました。

マウスでクリックして動かすと地図を移動させることが出来ます。

拡大縮小と合わせて使用することで見たい場所の周辺を詳細に調べることが出来ます。

地名などをキーワードにして検索すると少し赤みがかった領域でその地域が表示されます。

表示モードには通常の地図の他に航空写真などがあります。地図モードで表示されている場合ですと、左下に四角の写真が出ているので、そこをクリックすると航空写真に切り替わります。

表示としては他にストリートビューというものがあります。



右下の+-のボタンの下に「BrowseStreetViewimages」というボタンがあります。これを押した上で見たい場所をクリックするとストリートビューを見ることが出来ます。



ストリートビューというのは指定した場所や道路のパノラマ写真です。


地図や航空写真ですと上から見た図になります。

しかし、ストリートビューでは地上で撮影したその場所のパノラマ写真を見ることが出来るのです。

このようにGooglemapは地図のサービスですが、表示方法はいくつかの表示方法があります。ストリートビューでは上から見た地図だけでなく地上で撮影したパノラマ写真を見ることが出来ます。